レリアブランド15周年記念企画、過去分譲物件レポート…④レリアコート志木


特別企画




第4回目は東武東上線「志木」駅より徒歩7分・8分
「レリアコート志木ALPHOS (アルフォス) PLUSIA(プラシア)です。

----------------------------------
■当社初のツインプロジェクト!「レリアコート志木ALPHOS・PLUSIA」
----------------------------------

東武東上線「志木」駅南口、駅前の商業地域の喧騒から
程よく離れた希少な住宅エリア「新座市東北」に
「レリアコート志木」は誕生しました。

「ツインプロジェクト」ということもあり、
「アルフォス(ALPHOS)」・「プラシア(PLUSIA)」の
2棟の建物配置となっています。

志木配置図











「志木」駅から徒歩7分(アルフォス)・8分(プラシア)
と通勤通学にとても便利な駅距離。
部屋の広さは
アルフォスが59.25㎡~96.78㎡、32世帯
プラシアが64.29㎡~85.51㎡、23世帯です。

siki





----------------------------------
■マンションのコンセプトは「品質主義」。暮らしやすさや使いやすさを追求。
----------------------------------

レリアコート志木は「住まいにおける品質」を軸に
暮らしやすさや使いやすさにこだわったマンションです。

・永住環境という品質
・基本性能という品質
・世代を超えた優しさという品質
・使いやすさという品質
・安全の品質
・自由という品質
・邸宅という品質

という7つの項目に着目し、
立地・生活環境、設備仕様・間取り等々
1つ1つの要素を丁寧に考え抜いています。

それぞれを簡単に説明しますと、

【永住環境という品質】
①武東上線駅からそれぞれ徒歩7分~8分という通勤通学に恵まれた立地。
②志木駅からの始発もあり、さたには副都心線が開通し都心へのアクセスも快適に。
③駅周辺には丸井など大型商業施設や地域の中核医療施設も近い。
永住環境という品質



【基本性能という品質】
<ランドプラン>
①向中心、角住戸率65%
②敷地内駐車場100%
③敷地内駐輪場200%
④ペット可、足洗い場設置
<専有部>
①物をしまう場所を定めることで収納効率を高める目的別収納。
②居室の実質面積を広げるために引き戸の採用
③アウトフレーム構造の採用により、居室内をすっきりと。
基本性能という品質







【世代を越えた優しさという品質】
①フルフラット
②スイッチを大きめにし、位置を床から95㎝に設置。
③かがみ込みを軽減するためにコンセントの位置を床から45㎝に設置
④バスルームに手すりと低床バスの採用
世代を越えて優しくあるために、ユニバーサルデザインの採用。
世代を越えた優しさという品質



【使いやすさという品質】
①留守でも荷物が受け取れる留守宅ロッカー
②足元から部屋を暖める床暖房を採用
③浴室は半身浴やお子様との入浴が楽な卵型浴槽
④いつでも安全な水が飲める水柱一体型ビルトイン浄水器
使い易さという品質



【安全の品質】
①24時間セキュリティシステム
②共用部に防犯カメラ
③玄関ドアはピッキングに強いダブルロックディンプルキー
④カラーモニター付きハンズフリーインターフォン
防犯は今も昔も変わらず、外せない品質です。
安全という品質



【自由という品質】
①テラス住戸(1階)には専用の花壇を設置
②二重床・二重天井とメンテナンスやリフォームしやすい設備・構造
自由という品質



【邸宅という品質】
①当社オリジナルデザイン「美・数寄デザイン」の採用
②瀟洒な佇まいと静かな住環境
③寡黙で簡素なデザインが邸宅仕様のやすらぎを創造
邸宅という品質



設備・仕様などは、今では当たり前でめずらしくないですが、
当時としては、最新のものを装備していました。
また、このときはじめて当社で提唱した「目的別収納」。
今でも当社の間取りをつくり込むときには欠かせないポイントであり、
当社の「間取り力」の一つともいえます。

----------------------------------
■「レリアコート志木アルフォス、プラシア」を手掛ける事によって
本格的に分譲事業の道へ歩みを進めました。
----------------------------------

平成9年の創業以来、販売代理業の他に
1~2年に1棟のペースで分譲マンションを手掛けてきましたが、
平成17年の春、「レリアコート志木」の企画・分譲を機に
社内の体制も自社分譲事業を核とした組織となっていきました。

その新組織より検討しつくされた「レリアコート志木」のモデルルームは、
それまでにはない、見応えのあるモデルルームであったことを思い出します。

志木MR1










----------------------------------
■「レリアコート志木」は竣工してからもうすぐ10年を迎えます。
----------------------------------

竣工当初は、このような雰囲気でした。
(アルフォス)
20 (1280x1044)










(プラシア)
02 (1044x1280)














そして、現在は、
(アルフォス)
O










O









(プラシア)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA










O










左手がアルフォス、右手にプラシア 2棟のツーショット
O










この日は晴天で建物と空のコントラストが
美しかったことはもちろん、
「永住」にふさわしい貫禄でした。
周辺の環境の変化があっても、
竣工時と変わらない佇まいを醸し出す
「レリアコート志木」がそこにはありました。



◆次回は「レリアガーデン秋ヶ瀬の杜」をレポートします。◆

「レリアガーデン秋ヶ瀬の杜」は
「リビングアクセス」や「引き戸」を多用し、
暮らしを豊かにする、
多くの要素を散りばめた6棟現場の戸建です。

その要素を中心に次回はレポートしたいと思います。