ご入居者インタビュー

  • 物件特徴
  • ご入居者インタビュー

レリアコート中浦和サウスヒル

間取りを見る

S様(ご夫妻・お子様2人)

JR埼京線「中浦和」駅の高台に位置する「レリアコート中浦和サウスヒル」。当社が初めて実用新案を取得したリビングアクセスを採用した4LDKに、ご夫婦とお子様2人、そしてペットを飼われているSさんにお話をお伺いしました。

-マンション購入を考え始めたきっかけは何ですか?
以前はすぐ近くの賃貸マンションに住んでいたのですが、そろそろ買い時かなと思い、夫婦2人の勤務地が近くて、生活環境をあまり変えることのない場所で4LDKの物件を探し始めました。
-ご検討されたマンションの中からレリアシリーズをお選びいただいた理由は?
戸建などもいろいろ検討したのですが、駐車場が狭かったり、地盤が悪かったり。マンションは3LDKばかりで、なかなか思い通りのものがなかった時にこのマンションに出会いました。
理由の1番目は、立地条件です。共働きなんですが、2人とも職場まで近いことが魅力です。
2番目は、間取りです。
使い勝手が良さそうだと思いました。玄関からすぐにキッチンへ行ける動線が気に入りました。あと、ドアがほとんど引き戸になっていることです。開き戸のように無駄なスペースが無く、使い勝手が良いと思ました。

-住んでみて感じたことはありますか?

北側の2つの洋室は、主寝室と、子どもの寝室になっています。どちらの部屋にもウォークインクロゼットがあるのが使いやすいですね。部屋にあまり物を溢れさせたくないので。また、子どもの寝室の壁のガラスブロックが明るくて良かったと思います。
また、浴室に窓があり、明るく風通しが良いのも魅力です。
本当はルーフバルコニーに魅力を感じていましたが、バルコニーも奥行きが2mありワイドスパン(8.25m)設計なので、今までの住まいにないゆとりを感じます。 欲をいえば、もうすこし収納がほしいです。子どもの成長と共にますます必要になってくると思います。

-お住まいの中で特に満足されているところはどこですか?

玄関を入ってすぐに行けるキッチンです。キッチンを通り抜けると、子どものプレイルームとして利用している洋室になります。キッチンに立つと、プレイルームとリビングダイニングが見渡せるので、いつも子どもに目が届き、便利で満足しています。
-リビングアクセスの住み心地はいかがですか?
北側の部屋へ入るには、リビングダイニングか、キッチンを通ることになるので、子どもの出入りが把握できます。今は2人ともほとんど、プレイルームか、リビングダイニングにいます。小さい頃から親の目の行き届く場所で過ごす習慣を身につけてもらいたいです。
2人とも娘なので、年頃になると、色々と心配な面も出てくるでしょうから。今はリビングダイニングに隣接して和室がありますが、将来的には一体化させるリフォームをして、広いリビングにしようと考えています。
-ありがとうございました。
インタビューを終えてスタッフより
女の子らしくかわいい笑顔をふりまいて出迎えてくれたお子様とSさん。通していただいたダイニングのテーブルがすごく立派で少し緊張しました。でもそのあとすぐに元気なお子様たちのおかげで和やかに。キッチン横の約5畳の洋室を丸々、おもちゃがいっぱいのプレイルームにされていて、お子様中心の生活をされていらっしゃるなと思いました。

自然なコミュニケーションを育むリビングアクセス

POINT

  1. 自然と家族のコミュニケーションが生まれる「リビングアクセス」
  2. 居室のプライバシーを確保する「プライベートコリドー」
  3. 玄関から直接出入りできる「キッチン」
  4. 料理をしながらでも会話を楽しめる「対面式カウンターキッチン」
  5. 明るい開放感を演出する窓付き「浴室」