ビル業界トピックス

自然災害の未然予防診断サービス NECとMS&ADが開発

 NECファシリティーズ(東京都港区)とMS&ADインターリスク総研(東京都千代田区)は、製造業の工場や一般事務所・商業施設等を対象に、主として風雪水災害に起因する損害を未然に防ぐことを目的とした、未然予防診断サービスを共同開発した。三井住友海上火災保険(東京都千代田区)とニッセイ同和損害保険(東京都渋谷区)を通じて提供する。

 同サービスはMS&ADインターリスク総研が風雪水災事故の予見される事業者にサービスを提案し、NECファシリティーズが現地調査して診断し、中長期修繕計画を作成、報告する。概算修繕費用の算出も可能で、客観的診断と対応策の提示などのメリットも得ることができるという。

タイトルとURLをコピーしました