ビル業界トピックス

個室ブース「テレキューブ」内がVR空間に 個室型VR「メタキューブ」を開発 ゴーグル等不要でも臨場感を体験

 ブイキューブ(東京都港区)は、「フィジタルリアリティ」なメタバース体験を実現する個室型VR空間「メタキューブ」のコンセプトモデルを発表した。

 「メタキューブ」は、防音個室ブース「テレキューブ」室内の壁面に映像コンテンツを投影することで、ゴーグル型VRデバイスなどを装着せず、臨場感あふれるVR・メタバース空間を体感できるシステム。ブース内に入室するだけでメタバース体験が可能で、専用機器の準備が不要。顔に触れる機器の使い回しもない。ゴーグルによるVR酔いが少なく、誰でも簡単に利用できるのが特徴で、メタバース体験へのハードルを下げることが期待される。さらに複数人対応の個室ブースを利用することで、複数人で同時に同じコンテンツ体験をすることが可能になる。

 同製品のコンセプトモデルでは、360度カメラで撮影した静止画や動画、BIMモデルなどのCG画像だけでなく、遠隔地の映像をリアルタイムで表示することも可能。Web会議による遠隔地との会議はもちろん、ライブ配信映像を遠隔地の参加者と同一空間にいるかのように体験できる。

 こうした特徴を生かし、利用者は、利用者同士メタキューブ内で相互にコミュニケーションを取りながら、不動産や観光などの遠隔案内サービス、体験型エンタメコンテンツやアミューズメント向けアトラクションコンテンツ、エアロバイクなどを設置したVRジムといった幅広いジャンルのコンテンツを楽しむことができると想定されている。

タイトルとURLをコピーしました