ビル業界トピックス

シェルターとOEM契約 「中大規模木造建築物の実現」へ西松建設が取り組み強化

 西松建設(東京都港区)は、「中大規模木造建築物の実現」への取り組み強化のため、シェルター(山形県山形市)と木質耐火部材に関するOEM契約を締結した。

 同契約締結により、シェルターが保有する木質耐火部材COOL WOOD(クールウッド)を、西松建設の木質耐火部材META WOOD(メタウッド)(商標出願中)としての活用が可能となった。

 西松建設は木造耐火技術の向上を図り「中大規模木造建築物の実現」に向けた技術開発を推進する。

タイトルとURLをコピーしました