ビル業界トピックス

ライフデザイン・カバヤ CLT構法で6階建てビルが可能に

 ライフデザイン・カバヤ(岡山市北区)は、木質の「CLT(直交集成板)中高層建築」のプロトモデル化に着手し、今回、6階建てCLTビルの設計実証を実施した。

 実証されたプロトモデルは、CLT建築の経験無い中小工務店や設計事務所などでもプランニング可能な、シンプルかつ汎用性が高いものとした。CLTの部分的使用や他構造との併用ではなく、主要構造部をCLTで構成する「CLT工法」と言える構法となっている。

 同社などが1~3階建ての低層建築向けに開発した「オリジナルLC-core構法」を生かし、片持ちコア構造を採用。コアごとに床面積の重量を負担することで基本設計をシステマティックにでき、6階建てCLT建築を実現した。シンプルかつ汎用性の高い構造により、CLT建築の経験無い中小工務店や設計事務所でも、6階建て以下のCLT中層建築の簡易設計が可能となる。

 実証されたプロトモデルは、RC造と比較して、建築日数や構造躯体重量を大幅に削減でき、人件費・施工費の削減が期待できる。また、建築材料費の製造時のCO2発生量を大幅に抑えられるため、環境への負荷を減らし、脱炭素社会やSDGsに貢献することが出来る。

タイトルとURLをコピーしました