ビル業界トピックス

「オフィスナビ」累計利用者2000万人超 大手退去後にスタートアップ入居が顕著に

 オフィスナビ(東京都千代田区)は運営する賃貸オフィス検索サイト「オフィスナビR」の累計利用者数2000万人突破を発表した。2007年4月から運営しており、直近22年4月の月間サイト利用者数は62万7930人となっている。

 サイトは3万件を超える物件を掲載しており、年間ページビュー(PV)数は1000万超。オフィスに特化した不動産サイトとしては国内最大規模だという。コロナ禍を受けて賃貸オフィスのリモート内覧や貸主・借主双方にメリットのある居抜きオフィス、セットアップオフィスの提案などを強化。そのような取り組みも評価されたようだ。

 東京の賃貸オフィスの空室率はコロナ禍によって上昇している。そのなかで同社によれば「リモートワークの定着が進む大企業が移転した後を成長ベンチャー企業が狙う構図が顕著」として、「とくに感染が落ち着く局面ではこの市況が続くと思われます」と指摘している。この追い風を受け「オフィスナビR」へのアクセス数も増えているという。

タイトルとURLをコピーしました