ビル業界トピックス

NEC 顔認証を応用した新ソリューションを発売 入退館から買い物まで「顔パス」で可能に

 日本電気(東京都港区、NEC)は、一度の顔登録でオフィスビルへの入退場や売店の決済などの複数のサービスを利用できる、顔認証を活用した入退・決済ソリューション、「顔入退ソリューション」と「顔決済ソリューション」を11月中旬から順次販売開始する。あわせて、マスク対応の認証やなりすまし対策、タッチレス操作を実現する人感センサーを搭載した「NEC顔認証エッジデバイス」を11月下旬から提供開始する。
 「顔入退ソリューション」は顔認証を使用することでセキュリティを保ちながら、ビルやフロア入口のエントランスゲートなどのスムーズな入退場を実現。マスク着用のまま立ち止まらずにゲートを通過できるウォークスルー型のほか、豊富な提供バリエーションを要望に合わせて提供可能。既存の入退管理システムとの連携機能を標準搭載しており、ストレスフリーで安全・安心な入退場を実現する。
 「顔決済ソリューション」はビル内の売店や食堂などで現金やクレジットカードを取り出すことなく、顔認証によるスムーズな決済を実現。顔認証とPINコードによる高セキュリティな2要素認証にも対応する。既存の店舗システムやPOSと容易に接続できるため、簡単かつ短期間に導入できる。マスク着用時も顔認証決済を使用でき、安全・安心でスムーズな購買体験が実現する。
 「NEC顔認証エッジデバイス」は高精度なマスク対応の顔認証技術に加え、なりすまし対策機能や、人感センサーによるタッチレス起動など、様々な機能を標準搭載する。

タイトルとURLをコピーしました