ビル業界トピックス

エイリーズ 高品質・安価を武器に効率化支援 間取り図作成は70万件超の実績

 リーシングを行う際、不動産ポータルサイトやマイソクの活用は不可欠。A―LEADS HOLDINGS(シンガポール、以下エイリーズ)は間取り図作成や物件写真撮影、画像加工などを展開する「たのも!」シリーズや物件写真を販売する「PRO―PY」を提供する。価格競争力も強く、大手不動産会社を中心に顧客を獲得する。代表取締役の橋本元秀氏は「高品質なサービスを安価に提供する、業界に不可欠な存在を目指す」と目標を掲げる。

 エイリーズは本社をシンガポールに置き、開発拠点をカンボジアに構える。橋本氏が起業前にボランティアでカンボジアに訪問。現地で仕事に就けず貧困に苦しむ若者も多いなかで「雇用を創出することはできないか」と考えた。国内の大手不動産仲介会社役員との縁をきっかけとして、不動産業界との多くの取引を行ってきた。

 展開しているサービスは間取り図作成や部屋の撮影、画像加工などのサービスがある「たのも!」と、プロが撮影した物件写真を購入・ダウンロードできる「PRO―PY」の2サービス。大手を中心として、全国の仲介会社で実績がある。たとえば「間取り図たのも!」では延べ70万件以上の作成実績がある。開発拠点を発展途上国に置くことで、日本などの先進国に比べてコストを圧縮できる。その圧縮分を料金に反映させることで、価格競争力を持っている。

 更なるサービスの利便性向上にも努める。そのひとつが「AI活用」だ。橋本氏は「間取り図作成や画像加工などの自動化を実現していきたい」と明かす。発注から納品までのスケジュールの短縮にもつながりそうだ。

タイトルとURLをコピーしました