ビル業界トピックス

オフィス

トレンド

【週刊不動産経営】スライド式の開閉扉を採用したゴミステーション「ダスポン」あらゆる景観と調和できる洗練された美しさ・デザインが特徴

富山県黒部市のナカノは、次世代型ゴミステーション「ダスポン」を開発。地元富山県をはじめ、昨今は関東圏でも設置・導入事例が増えている。  同社が開発したダスポンは、オールステンレス製のゴミステーション。グレードの高いデザイン性、臭いが外に漏れ...
ウェルネス

【週刊不動産経営】森ビル 国内外3棟の保有オフィスビルが「WELL Core」最高ランク取得

森ビル(東京都港区)は、運営する「麻布台ヒルズ森JPタワー」、「虎ノ門ヒルズ ステーションタワー」、「JAKARTA MORI TOWER」のオフィスおよび商業の共有部が、「WELL Core」にて最高ランクとなるプラチナ本認証を取得したと...
トレンド

ボルテックス フロアごとに異なる施工会社が内装工事「VORT六本木一丁目」5フロアをセットアップオフィス

「区分所有オフィスR」を主軸に資産形成コンサルティングを展開しているボルテックス(東京都千代田区)は、今年1月に取得した「VORT六本木一丁目」の5フロアで内装を施した。それぞれ異なる施工会社がデザインを担当。多様化する価値観や働き方に応え...
市況・ニュース

森ビル「東京都23区の大規模オフィスビル市場動向調査2024」発表

森ビル(東京都港区)は23日、オフィスビル市場動向調査の2024年度版を発表。今後5年の年平均供給量は過去平均を下回る一方、オフィスの「大規模化」、「都心部への集積」が加速する見込みだと分析した。  同調査は東京23区内で1986年以降竣工...
ウェルネス

大建工業 室内環境品質評価を国内初取得 既存の執務環境や執務スペースの環境整備が評価

大建工業(大阪市北区)は、研究開発拠点「DAIKEN R&Dセンター」で、「WELL Performance Rating」を国内で初取得した。  同評価制度は、建物の室内環境品質に特化した評価制度。「室内空気質、水質管理、照明測定、温熱条...
SDGs・EGS

リアルゲイト 環境配慮型ビルを開発 屋上ビオトープなど屋内外の緑化を推進

リアルゲイト(東京都渋谷区)は、環境配慮型複合ビル「AMBRE(アンブル)」を7月にオープンする。 同ビルは、延床面積1333・74㎡、鉄骨鉄筋コンクリート造陸屋根8階建て。  3~5階は、必要最低限のインフラ設備とシンプルな内装で、入居テ...
市況・ニュース

築地市場跡地にスタジアムなど整備へ

東京都が募集する「築地地区まちづくり事業」の事業予定者に、三井不動産(東京都中央区)を代表企業とし、トヨタ不動産(東京都千代田区)、読売新聞グループ本社(東京都千代田区)など11社が参画するコンソーシアムが選定された。総事業費は約9000億...
トレンド

女性に支持される共用部リニューアル 高い提案力・対応力でビルに付加価値

ビル・マンションのリモデル(再構築)や店舗の総合プロデュースなどを手掛けるノットコーポレーション(大阪市中央区)は、大阪市淀川区に立地する「新大阪DTKビル」の共用部のリニューアル工事を実施した。  「新大阪DTKビル」は最寄りの大阪メトロ...
トレンド

パーキング上部の活用提案 昨年11月「PhilPark田町Shibaura」が竣工

駅近くのコインパーキングや月極駐車場は常に高稼働で収益性が高い。そこへ更に新たな収益に繋がるビジネスを提案している企業がフィル・カンパニー。駐車場の空中部分に着目した事業がオーナーに好評を得ている。 低層のテナント物件建設 全工程を一気通貫...
トレンド

大成有楽不動産の中規模オフィスビルブランド第4弾「水道橋ビジネスキューブ」竣工

大成有楽不動産(東京都中央区)は、千代田区で開発を進めてきたオフィスビル「水道橋ビジネスキューブ」を2月29日に竣工させた。  「水道橋ビジネスキューブ」は、同社の中規模オフィスビルブランド「ビジネスキューブ」の第4弾。立地は東京都千代田区...