ビルの有機性廃棄物を燃料化する実証実験

 オフィスビルから排出される有機性廃棄物を燃料化する実証実験が開始された。
 実験に参加しているのは東京建物(東京都中央区)、明治安田生命保険(東京都千代田区/明治安田生命)、日本プライムリアルティ投資法人(東京都中央区)、損害保険ジャパン(東京都新宿区)、東京電力エナジーパートナー(東京都中央区)とサステイナブルエネルギー開発(宮城県仙台市)。
 今回行う実証実験は、「新宿センタービル」に入居しているテナント企業の協力のもと、有機性廃棄物から固形燃料「バイオ石炭」を生成するもの。燃料を生成する過程で、有機性廃棄物から固形の燃料を生成するISOPシステムを用いて亜臨界水処理を行う。
 今後、生成した燃料をコージェネレーションシステムでの発電に利用するなど、オンサイトでの活用サイクルの検討を行う。

この記事は週刊ビル経営から提供を受けて配信しています。掲載情報の著作権は提供元企業に帰属します。

【週刊ビル経営】不動産市況から経営ノウハウまで幅広く取り扱う不動産専門メディア。ビルオーナー、デベロッパー、不動産ファンド、不動産管理会社、仲介会社、金融機関、 不動産投資顧問、ゼネコン、建築設計、土地所有者、投資家など不動産に関するあらゆる業界の方に購読されている。○創刊/1994年6月1日 ○発行人/垂澤清三 ○発行日/毎週月曜日(月4回) ○発行部数/50,000部(全国)

一覧に戻る