オカムラなどレンタルオフィス運営の子会社設立

 NovolBa(東京都渋谷区)は、オカムラ(横浜市西区)とボーンレックス(東京都千代田区)の共同出資により設立された。
 利用企業の要望をヒアリングし、通常の賃貸オフィスを「家具付き占有オフィス」として用意。面倒な契約や手続きがなく、身軽に移転が可能。オカムラのオフィス家具、Wi-Fi、プリンター、ホワイトボードが設置済みのため、入居初日からすぐに働ける環境を提供。退去する際の大型家具の移動や廃棄も不要。
 契約期間は6カ月毎更新、3カ月前予告で退去できる。契約期間に縛られず、スピーディーな拡張移転が可能。
 毎月の支払いは、月額のサービス利用料と水道光熱費等の実費のみ。通常の賃貸オフィスに必要な契約時初期費用(敷金・礼金・仲介手数料)や、入退去時の工事費用、家具購入費用はかからない。キャッシュフローが安定し、資金計画が立てやすくなる。

この記事は週刊ビル経営から提供を受けて配信しています。掲載情報の著作権は提供元企業に帰属します。

【週刊ビル経営】不動産市況から経営ノウハウまで幅広く取り扱う不動産専門メディア。ビルオーナー、デベロッパー、不動産ファンド、不動産管理会社、仲介会社、金融機関、 不動産投資顧問、ゼネコン、建築設計、土地所有者、投資家など不動産に関するあらゆる業界の方に購読されている。○創刊/1994年6月1日 ○発行人/垂澤清三 ○発行日/毎週月曜日(月4回) ○発行部数/50,000部(全国)

一覧に戻る